2017年4月 4日 (火)

イタリア紀行~ボローニャ→ミラノへ!! ミキ編~

どもどもヘアメイクのミキです。
エミ先輩に引き続き、昨年行ってきましたイタリアの文化事業についてレポートいたしま~す☆★

 後半はボローニャ~ミラノ編ですよ~.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.の前に~レニャーロでは浴衣の撮影会もしましたcameradiamond

シルビオ校長の日本語学校をお借りして、レニャーロの皆様へ浴衣の着付け、ヘアセットvirgo、をして、そして撮影(。・w・。 )。浴衣を着るのが初めての方も沢山で、みんなとても喜んでくださいました~catface

そしてそして♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

レニャーロの次はボローニャ~!scissorsシルビオ校長が車を出してくれてボローニャまで送ってくれましたcarrvcar 

ボローニャは一通の道路も多く、,目の前に見えてるのになかなか入れない!!なんで~、そんな街ボローニャです。。。w ようやく街に許しを頂き中へ入れました~よかった~。
イタリアの主要都市はみんなそうらしいのですが、中心街には許可のある地元の人しかはいれない。旅行者はホテルの許可を取って、決まった門から入るのだそうですweep
我々だけだったら一日かかっても入れなかったかもしれません。シルビオに感謝ですgoodshine

さて、ボローニャでは2つの今回一番と言っても過言ではない事業が待ち構えてました、

1つはヨーロッパ最古の大学と云われているボローニャ大学での講演。

Photo

もう1つはスタジオディーバの主でもあります『山口直也』の個展『the Japonism』開催のオープニングセレモニー&レセプション&ワークショップですcamera

ボローニャ大学での講演は我々をお誘いくださったパオラ先生のお計らいで、普段使う事のできない「赤い部屋」と呼ばれる特別な部屋が用意されていました~パチパチ( ´_ゝ`)ノ

なんと天井にフレスコ画が描いてある素敵な貴賓室で素晴らしかったです!
16世紀の絵だそうです。

そこで我らの山口が浴衣と着物の違いや「日本人の美意識と着物」についての講演をしたのです。現地の学生さんにモデルをお願いして実際に着物と浴衣も着ていただきました( ^ω^ )教室からあふれ返るほどの人数が集まり皆さん熱心に聴いてくださいました!

写真もバシバシ撮影されてましたconfident

そして今回、通訳をしてくださったフランチェスコさんが素晴らしかったです。さすが日本に住んでただけあります。奥様は日本人でしかもオペラ歌手だとか!!
イタリア語は解りませんが、なんとな~く先生の話した内容を、より細かく解りやすくイタリアの方へお話くださいました~wink

夜、パオラ先生達と食事をするお約束をしていたのですが、食事前にフランチェスコさんと彼のお薦めのお店に一杯飲みに行きました、そこで食べた切りたてのモルタデッラ、日本でいうボローニャソーセージです。日本で食べるのとは全く別物!切りたてはとってもおいしくて、ついつい食べまくり。せっかくその後パオラ先生達が美味しいレストランでのディナーを準備していてくださったのですが、少ししか食べられませんでした~catface パオラ先生ごめんなさ~い。

でもパオラ先生お薦めのお店もとても美味しかったです。トラヴィアータ『椿姫』という名前のお店です。次行く事があれば是非お腹を空かせていきたい。。。restaurantcafeそんなレストランでした。かぼちゃのトルテリーニお薦めです。

さて、『山口直也』の個展『the Japonism』開催のオープニングレセプション&ワークショップはピッコロテアトロバラッカーノという小劇場で開催されました。

Photo_2

大昔、教会だった所を小劇場にしたらしく、壁にフレスコ画が残ってました、とてもかわいらしい建物でしたよshineそんな劇場でワークショップを行いました。

山口が講演をし、高木が着付け、堀米がヘア、私がメイク担当しました。舞台上で花魁の結髪をしたり、仕上がった花魁と写真撮影をしてもらったり実際の浴衣を手にとってもらたり、実践的なワークショップになり見に来てくださった皆様も喜んでいただけて嬉しかったです。

3

パオラ先生が立ち上げた団体「NIPOPP」の皆さんにもご協力いただき、ありがとうございましたshine モデルさんになった学生さんは花魁の姿がとても気に入った様で最後まで着物を脱ぎたくないと言ってました~。
頭の飾りも着物もすごく重いのに、有難いお言葉でしたheart01とてもお似合いで本当にかわいかったですheart04

今回レセプションをした小劇場では山口先生の個展をしばらく(5月まで)開催しておりますので、もしボローニャへ行く機会がある方は是非お立ち寄りください。今までスタジオの皆ががんばって作った作品達がお出迎えしてますので、よろしくおねがいします~happy01

さて、ボローニャで大きな事業を終えた我々はミラノへ移動です.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:またまた、シルビオの素晴らしい運転でミラノへrvcarcar

ミラノではコミコンの様なイベントでの浴衣撮影会&舞台上での高木GMが浴衣の着付けの講演をしてきました。
開催場所はあのポールマッカートニーもライブをしたことのある所で私は興奮しました!

Photo_3

浴衣の撮影会は皆さんとても喜んでくださり2日間連続で来る方もいるくらいでした。

舞台ではその場で実際のお客様をつかまえて、舞台上で高木GMの浴衣の着付けレクチャーをうけてもらいました。今後、浴衣を着る機会があればぜひ実践してほしいですね~winkえみ先輩と私はアシスタントを浴衣を着てやりました、さすがに浴衣は目立ちました~eye沢山の方が舞台まで足を運んでくださいました、本当に紐だけで着るのね!とおしゃってましたよ★

Photo_4


Photo_5そして終わってからみんなで食事へいきましたが、ミラノ名物のコトレッタが衝撃的すぎて驚きでしたcoldsweats01すごく大きな固いハムカツ的な感じでしょうか、人生で1回くらい食べてみてもいいかもしれません。。。というお味でしたsweat01高木GMは本当にあれが正しいコトレッタなのか、違うお店でもう一度リベンジしたいと申しておりますが。。。w

2日間のイベントが終わってからイタリアで活躍されてるあの超弩級声楽家の桜井まゆこさんの撮影を行いましたcameraあのミラノで一番有名な場所で・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥━━━☆

ゲリラだったので現地で打掛を素早くかけ、ポーズを撮ってもらいましたvirgoshine人も鳩もいっぱい集まってきましたよchicksweat01目立つので素早く撮影しましたが素敵な写真になって安心しました~artartart

Photo_6

まゆこさんもミラノの素敵な美味しいお店を案内してくれました。さすがお洒落なお店をご存じでした、ありがとうございます!(´,_ゝ`)bread

また、ミラノではミラノ大学のシモーネ先生にもお会いしました。わざわざミラノ大学の構内を案内してくださいました。大学は大昔は病院だったらしくその名残もありました。歴史にふれられて感動です。

Photo_7

今回、色々な方との出会いがありとても楽しい事業巡りでした、今後広がって行きそうな話もたくさん出た様ですし、また機会があれば参加できたらうれしいですねhappy01

              ヘアメイク          ミキrouge

|

2017年3月 9日 (木)

春の演奏会です!

コンサートのお知らせだい!

Img127

桑原志織さんのコンサート。輝かしいコンクール歴を持つ若き才能。バルセロナ国際2位、ルーマニア国際では1位。最年少だそうです。関係ないかもですが、バルセロナには私の大好きなカタルーニャ音楽堂というホールがありますね。イ・モンタネールという天才建築家の傑作で、本当に気持ちの良い空間です。ガウディと同時代のもう一人の天才です。またルーマニアのブカレストにはパンテオンに似た音楽ホールがありましたね。あそこで行われたのでしょうか、コンクール。4月のブカレストは1年で最も美しい季節、例えば木漏れ日の落ちるテラスで、ワインのグラスを傾ければ至福の時が・・えっ・・ともあれ、現在東京芸大在学中ながら名だたるオーケストラからソリストとして招かれ、共演を重ねてらっしゃる由。凄いですね。これからが本当に楽しみですね。今回の曲目、コンペティション課題としても磨かれた珠玉のものらしいです。是非お出かけ下さい。

315日、紀尾井ホールです。

 

次は・・・

あの本間樺代子さん企画・演奏による朗読と音楽の会「ナイチンゲールの庭」のお知らせです。第一部、「ナイチンゲールの庭」朗読音楽というジャンル、面白いですね。想像力が掻き立てられますね。くしくもシューマンとストラヴィンスキーがあります。第二部、「春の歌を集めて」津軽三味線あり和太鼓ありの豪華メンバーです。できれば私も伺いたいです。

Img126


319日、千葉県文化会館コルツァホール。

菜の花ホールで春の歌ですか、是非、お出かけ下さい。

  スタジオ☆ディーバ Photographer:山口直也

|

2017年2月10日 (金)

2016年イタリアへ行ったエミ 前編

皆さん、こんにちわhappy02ヘアメイクのエミです!

ご報告が遅くなりましたが、去年11月に行ったイタリアでの国際文化事業について、レポートしたいと思いますpencil

今回はうちの先生、弊社代表の山口、GMの高木、ヘアメイクのミキと私、計4名で行ってきました。ローマ→ベネツィア→レニャーロ→ボローニャ→ミラノ、と5か所もの巡礼の旅sign0311/11~12/2までの長期に渡る出張です。私は前半のローマ・ベネツィア・レニャーロまでを振り返りたいと思いますhappy01

A4roma

まずはローマ。初日は昨年の8月まで開催されていた先生の個展会場へご挨拶。会場の【DOUZO】は、俳優の小栗旬さんのお父様とイタリアのご友人が共同経営をされているギャラリーです。 個展は大好評だったらしく、山口と高木は、次の個展の打ち合わせをしていました。次に繋がるいい話もできたのは文化事業委員の一員として嬉しかったですnote

そして、日本大使館の表敬訪問。今回のベネツィアとボローニャの事業は日本とイタリアの国交150周年事業に認定されているのです。入り口でパスポートを渡し、携帯電話も全ての荷物も預けます。テロの影響か、とても厳重でキンチョーしました。私は初めてだったのですが、大使館の方々はみなさんフランクで、緊張も解け、あっという間に2時間近く経ってしまいました。そういえばローマの空港の出口では、謎の女性に「山口先生!」といきなり声をかけられたのですが、偶然に家族を出迎えに来た大使館の書記官の方でしたhappy02 悪いことはできませんね。

私は3年ぶりのローマでしたが、忘れられないのがローマ最後の夜に食べたトリュフ料理lovely
宿泊先のホテルの裏にある、「オステリア・バルベリーニ」は、予約しておかないと入れない超人気店ですeyeトリュフづくしのディナーは、お酒の弱い私でもプロセッコ(お気に入りの泡系白です)がすすんでしまう位おいしくて、皆ゴキゲンheart04先生ごちそうさま!!ローマを訪れたら、絶対行くべきすhappy01

次はベネツィアbullettrain 移動はフレッチャロッサ(赤い矢)という名の新幹線でローマから4時間。なんと飛行機のように、飲み物とスナックがでるのです。超セレブな気分です。
そしてベネツィアの玄関、サンタルチア駅の外に出た途端、ここはなんだ!えっ!バスっ?船?、タクシーってボートなの?水上タクシーに乗った時のテンション、ミキと私の興奮はMAXupupupでした。

A4venezia

ベネツィアでは、先生が在外研究員になっているカ・フォスカリ大学で、日本語を勉強している学生達に日本文化を紹介する為、講義と実演をしてきました。80名位の学生の前で、山口先生が着物の美について講義をし、その横で高木GMが学生をモデルに着物を着付け、ミキと私達がヘアセットを実演する感じですeye

皆、講義を聞きながら熱心にメモを取ったりして興味深そうにしているのが印象的でした。 それにモデルになってくれた学生がとても喜んでくれて、一緒に写真しました。

次はレニャーロですrvcarこの街を知っている人はあまりいないのでは? ふふっ
レニャーロはベネツィアから電車で30分のパドバの郊外の小さな町で、徒歩数分で町外れに出てしまいそう。ここは山口先生がオフィシャルカメラマンをしているイタリアのユニット、K-ble Jungleの地元です。そこでYou Tube用の動画撮影をして来ました。

A4renaglo

日本の代表的な2つのヘアメイク①原宿風のヘア&メイク ②花魁のヘア&メイクを撮影しましたshine普段日本ではスチール撮影がメインなので、動画の段取りがスムーズにいかずアタフタドタバタしてしまい1日がかりになってしまいましたが・・・なんとか画になってよかったですhappy02  

早速、原宿メイク編がYou Tubeで配信されていますsign03 イタリアから発信です。

https://youtu.be/m2kIy323Gpw

是非みてくださいね。

続くイタリア後編は、ヘアメイク後輩の加藤ミキちゃんにバトンタッチしたいと思いますheart04

                              ヘアメイク : エミ               

|

2017年1月16日 (月)

コンサートのお知らせだい

コンサートのお知らせです。最近山口が海外に出ていることが多くて、チラシを送っていただいた方々の情報をブログ上でお知らせできないでおりました。申し訳ありません。勿論、スタジオには漏れなく掲示しまして事あるごとに宣伝しておりますので、悪しからず・・・・

Photo

で、今回は田中知子さんのピアノコンサートです。渾身のショパンと書いてありますね。528日、銀座王子ホールでのオールショパンのプログラムです。素晴らしいですね。特に有名なピアノコンチェルトの1番を弦楽四重奏で聴かせてくれる演奏は必聴。聴きたいです。

ショパンと言えば故郷のジェラゾラヴォラですが、ワルシャワのオペラハウスで私の写真作品を展示した際に、足を延ばして訪ねております。今では綺麗な公園のようになっておりまして、緑の中のとても気持ちの良い場所。ショパンの使ったピアノも置いてありました。ここから町まで母親と馬車に乗ってピアノのレッスンに通っていたそうです。後年の運命と考え合わせて想像すると少々切ない気持ちになりますな。

528日、是非お出かけ下さい。

王子ホールチケットセンター 03-3567-9990

 

スタジオ☆ディーバ Photographer マエストロヤマグチ

|

2017年1月 8日 (日)

スタジオ☆ディーバの新しいスタッフです!

はじめまして、こんにちは(^O^)!

Dsy_5321wこの度、スタジオ☆ディーバの新しいスタッフとして加わりました国政杏奈です。

写真撮影の申し込みの際や、お帰りのお見送りの際などにお目にかかると思いますので、その時は宜しくお願い致します^^

新年が明け、寒さがより一層身に染みる季節へと移っていきますが、スタジオ内はお客様とヘアメイク、そしてカメラマンの笑い声が響き渡り、ポカポカと暖かい雰囲気に包まれています*

今このHPをご覧になっているあなた様も!ぜひぜひ、スタジオのポカポカとした輪の中へおいでくださいませ~♪

心よりお待ちしております。

スタジオ☆ディーバ 新メンバー 

        ヘアメイク 国政杏奈(アンナ=クニマサ)

|

2017年1月 1日 (日)

新年あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます~いつもより余計に回しております

新春を寿ぎ皆様のより一層のご健康とご多幸をお祈りいたします。

2017

今年は5月まで、イタリアのボローニャで山口の写真作品による個展「The Japonism」を開催しております。また5月にはドイツ、ベルリンでの個展、9月からはイタリア、ヴェネチアの国立東洋美術館にて、収蔵品の貴重な着物と山口作品とのコラボレーション展が開催予定です。
これらは全てスタジオ☆ディーバの「文化事業委員会」の活動で、同時に同行のヘアメイクスタッフによるワークショップも行われます。一同さらに精進してゆく所存ですので、本年も変わらぬご愛顧を宜しくお願いいたします。

  スタジオ☆ディーバ 新年の挨拶をする委員会

|

2016年12月30日 (金)

ディーバは本日仕事納めです

ディーバは本日30日が仕事納めです。
1

今年はスタッフ一同また一段とグレードアップできたと思っています。これも信頼していただいたお客様のお蔭、本当に有難うございました。それで新年は4日から営業いたしますので、来年も宜しくお願いいたします。

Photo


   スタジオ☆ディーバ  行く年来る年委員会

|

2016年12月13日 (火)

事業団帰還!熱烈歓迎の千駄木2丁目

アナウンサー試験もたけなわのこの時期だと言うのに、ディーバのスタッフ達の暗黙の怨嗟の声が聞こえてきそうな今日この頃、皆様にも大変ご迷惑をおかけしましたが、山口、高木、堀米、加藤の事業団の面々が無事千駄木に帰還いたしました(拍手!)。とりあえずはご報告。

2


今回は3週間、けっこう長かったですな。ローマに入り、ヴェネチア、レニャーロを経てボローニャへ。最後はミラノからスタジオ☆ディーバへ。旅の目的はズバリ文化交流! それを通しての日本の広報支援です。その模様は追って団員から伝えて貰う事にしますね。

1


さて、一般就活も本番スタートですね。売り手市場と思って安心しているせいか、今年はますます初動が遅くなっているようです。
という事で、インターンシップを逃した人達もまだ間に合いますので、しっかり準備して下さい。勿論写真はスタジオ☆ディーバで・・・ 

      スタジオ☆ディーバ Photographer:山口直也

|

2016年11月11日 (金)

ボローニャへ行けばボロネーゼはただのラグーだぜ!

お知らせです!(下の作品は平和への祈りなのだ:山口撮影)
D4s_2246wg

急ですが、11日より山口、高木、堀米、加藤の4名がイタリア出張のため、3週間ほど留守にいたします。毎度ご指名いただく皆様には真に申し訳ありませんが、よろしくお含みおき下さい。
もちろん、スタジオは精鋭のスタッフが鋭意業務を遂行いたしておりますので、ご安心下さい.
今回はボローニャでの個展です。オープニングのレセプションと、大学(11世紀創立でヨーロッパで一番古いのです)での講演(「日本人の美意識と着物-写真家の視点から」という内容です)、それと劇場でのワークショップを行います。

個展の期間は半年です。ローマでの個展と同様に外務省より日伊国交150周年の記念事業の認定を受け、日本代表として行ってまいります。拍手・・・

急遽決まったのでバタバタでしたが、ローマでの作品の撤収、大使館への表敬訪問、ヴェネチアの大学(カ・フォスカリ二度目で懐かしいです。私一応海外研究員なので)での講義、レニャーロの日伊友好協会「オチャカフェ」での親睦会、ボローニャでの上記イベント、そしてミラノではコミックス系のイベントに招待されていますので、浴衣の撮影会でもかましてこようかと思っております。

それとミラノ大学の日本の写真家の研究をしてらっしゃるS先生とも会談いたします。考えてみると忙しいですね。帰ったらご報告いたします。

ではまた・・・

スタジオ☆ディーバ Photographer 山口直也

|

2016年10月18日 (火)

メガネは顔の一部ですが・・・

カメラマンの若林です。

ブログは苦手なので久々の登場です。

今回は「メガネ」についての話です。

普段からメガネをかけられている方の場合、撮影にもメガネで臨みたいとおっしゃるお客様が多くいらっしゃいます。またファッションとしても知的な印象を出すことが出来るアイテムですよね。

勿論メガネをかけての撮影も可能ですが、実は撮影に不向きなものが存在します。

それはブルーライトカットの加工が入ったメガネです。

紫外線をカットして目に優しいということで、ここ数年でかなり浸透して、お客様の中にも使用されている方が、結構多くいらっしゃいます。

でも撮影に関しては、かなりカメラマン泣かせのものでもあります。

試しにディーバのスタッフに協力してもらってテスト撮影をしてみました。

Dsc_0003

見事に光りました。イケメンが台無しです

 

レンズのコーティングの反射率が非常に高いため、撮影照明が当たると鏡の様に光ってしまいます。 

撮影時にレンズが光らないようにライティングを組むことも当然可能なのですが、ライティングが制限されてしまうことによって、表現するイメージの幅が狭まってしまう場合もあるのです。

ちなみに伊達メガネもレンズが光りやすいので同じことが言えます

撮影にお越しいただく際には、ブルーライト加工の入ってないものをお勧めいたします。

ちなみに理想はレンズをはずしたフレームのみのものですよ。
(あくまで撮影の際限定ですが)

次回はモアレについてお話ししたいと思います。

                         スタジオ☆ディーバ カメラマン ワカ

|

«行って来ました、毎年恒例の研修旅行!