« TBSアナウンサーセミナー | トップページ | 客室乗務員、合格内定のご褒美は・・・世界一美味しい »

2007年8月21日 (火)

アナウンサー試験・・・CAの面接ではダメ?

Dsc_6681w_4 就活応援関係の雑誌の表紙撮影がありました。モデルはテレビ朝日のMアナウンサーです。
そのうち発行されますのでMさんの正体は、乞うご期待。このMYさん、お話すると、ちょっぴり天然ですが、本当に素直で、しかも場を読んで素早く対応できる、さすがアナウンサーだなあと感心しました。テレ朝の最終面接では、悲願の入社を目前に思わず泣いてしまったとか。

ちなみに元JALの人事担当マネージャーの古賀さんと先日お食事をご一緒しました。
お話によると、少なくともJALのCA(客室乗務員)は泣くとNGだそう。よい感じで最終まで来た受験者がいて、採用担当の面接官達も文句なく合格にしようと思っていた矢先、家庭の事に話を振られ、苦労人の彼女は感極まって泣きだした。で、不採用になったそうです。担当官達は、余計な事を聞かなければ良かったと後悔したそうです。エアラインのCAはやはり感情のコントロールができないといけないのでしょう。接客のプロであり、保安要員でもあるし、パニクってしまっては・・・・・。
一方、アナウンサーは素直に共感できる事も、必要な能力なのですね。

        スタジオ☆ディーバ Photographer: Tonno

|

« TBSアナウンサーセミナー | トップページ | 客室乗務員、合格内定のご褒美は・・・世界一美味しい »

CA エアライン受験 航空業界」カテゴリの記事

アナウンサー」カテゴリの記事

撮影」カテゴリの記事