« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

初夏の訪れ、新卒ヘアメイク募集!!!

突然ですが、今日は暑かったですねー。僕は暖かい季節が大好きなので、屋外に出たくなりました。この時期は新緑がとてもきれいで、屋外撮影がお勧めです。スタジオ近くの根津神社ではつつじ祭りの真っ最中で、連休中は見ごろです。屋外撮影をお考えの方、ゴールデンウィーク中もスタジオは無休で営業しておりますので是非ご予約下さい。新しい事を始めるのにピッタリの季節ですよ。

話は変わりますが、ゴールデンウィークのこの時期は、各専門学校の人達も求人票などを見て、就職活動を本格的に始める時期ではないでしょうか。ディーバでも、ヘアメイクの仕事がしたいという、新卒の正社員希望の方を募集しています。仕事はスタジオでのスチールのヘアメイクがメインです。

Dsc_4147wg_4  先日、僕はCDジャケット用撮影のヘアメイクに入りました。
CDジャケットの撮影といってもクラシック系、R&B系、バンド系、アニメ系など、ジャンルによってアーティストのイメージがいろいろです。僕が入ったのは最近ではR&B系とアニメ系。

Photo:Tonno
hair & Make-up:Emi/Kozu/Gucci


 
R&B系の撮影は3名のトリオで、各自に赤・青・黄のキャラクターカラーが割り当てられいて、3名をうまく絡ませながら、赤いバラを敷き詰めての撮影でした。どうでしょう。僕は情熱のロッソ担当です。



Dsc_8875w Photo:Tonno
hair & Make-up:Emi/Gucci


 
一番最近担当したアニメ系のジャケット撮影は、予め絵コンテが準備されていました。2人のアーティストが持つ、それぞれのイメージが引き立ち、更に作品の内容に合うようにとの指示があり、動きながらの撮影でした。ゲームの主題歌を歌う萌系ユニット?と聞いていたのですが、ゲームの原作に日本的な内容があるらしく、撮影の間の相談で、メイクにも「和」のティストを加えたものになりました。

作品を見るとその時の情景が浮かびます。このように、いろいろな人達とセッションしながら、ヘアメイクを担当することができるのは、緊張もしますが、達成感や満足感がとてもあります。

ディーバは色々な撮影があるので、ヘアメイクの仕事に「やりがい」を見つけられる職場です。

やる気があり、体力に自信がある方、来たれ! 川口までご連絡下さい。

               スタジオ☆ディーバ:ヘアメイク Gucci

|

2008年4月18日 (金)

貴方の考えるイメージは?

先日のブログでも「アエラ」の話がでていますが、最近は「アエラ」を見て、会社ホームページ用の撮影をしたいと、電話をいただくことが多くなりました。

雑誌の反響ってすごい。医師や大学教授といった個人事業主も多いですし、個人の宣材撮影の予約も増えました。

「アエラ」をご覧になった方はご存知と思いますが、
やっぱり人は見たeye目が大切なんですね。
だって人は出合った初めの5~6秒で印象が決まると言われるくらいですから、
もしかしたら、その人の人生が、初めの第一印象で決まってしまう
なんて事だってあるんですね。そのくらい見た目って大事なんですよ!
見た目から逃げられない時代ですが、もちろん内面も磨かなきゃね・・・。 

A ホームページ用の撮影予約のtelephone電話の際には、会社やご自分の考える使用イメージを教えて下さい。お問い合わせでは料金を聞かれる場合も多いのですが、例えば、どんな企業なのか、職種、メッセージを送る相手の年代や立場など、それにHPのどの部分にどのように使うか等によって、実は撮影の方法も料金も変わります。できるだけ詳しく教えていただくと、見積もりも出しやすいので。
もちろん、皆さんの会社まで出張もします。是非お気軽にお問い合わせ下さい。
心よりお待ちしております
Dsc_2305w
   スタジオ☆ディーバ:テレフォンコンシェルジュ:Akahori 

|

2008年4月13日 (日)

はじめまして!

初めまして!新人のリュウです!
この春、研修を終え、晴れてディーバのスタッフの一員となりましたchick
撮影のアシスタントでお客様にレフをぶつけそうになり、先輩に怒られた事もありましが、そんなとき逆にお客様に励ましていただき元気を取り戻すことができましたcrying

そんな僕ですが現在はメイク前のクレンジングやマッサージに入っていますsign03
担当させて頂いたときは、是非感想を教えて下さい!!
皆様のご意見をに、ディーバの一員としてスキルセンスサービスを磨き、
一生懸命、頑張っていきますのでよろしくお願いします!!
ディーバの中では体操のshineひろみちお兄さんshineに似てると言われている(爽やかではないですが・・・)ので、気付いた方は、是非声をかけてくださいscissors

Dsc_2792  スタジオ☆ディーバ 
   ヘアメイク:元陸上部、韋駄天のリュウ

|

2008年4月 6日 (日)

笑顔の法則

就活シーズンももうほとんど終わりになりましたね。前回就活ネタは終盤だとお伝えしましたが、就活に限らず写真を撮る時に役立つ笑顔の作り方をお教えいたします。

どうしたら自然な笑顔が作れるか?皆さん悩んでいるみたいですね。

就活用で撮影に来る方はほとんどの方が『撮影初めてです』とか『写真苦手なんです』と言われます。

モデルさんはよく鏡の前で笑顔の練習をしているそうです(お仕事ですから当たり前ですが)。

では、撮影に慣れていない方はどうしたらよいでしょう? 緊張もされてますし、大きなライトや見慣れない機材に囲まれるし・・・。

ディーバではいろいろな表情をお撮りしています。

3_3まず口を閉じてきりっとした表情。これは唇を閉じて力を抜きます。このとき奥歯を噛み合わせると口元がきりっと引き締まります。

次に歯を見せた笑顔は頬の筋肉を持ち上げ、思いっきり笑います。多少目が細くなりますがそれが自然な笑顔なのでOKです。自分で笑っているつもりでも写真に写るとそれほどでもなかったりします。それどころか中途半端で引きつった感じに写ってしまいます。逆にあまり笑いすぎると目が細くなって(人によっては無くなって)表情が分からなくなるので目には少し力を入れて開け気味にします。これもあまりやりすぎると目をむいてしまい怖くなるので注意して下さい。

もう一つ。口を閉じて口角を上げ微笑む笑顔は、きりっとした表情から頬の筋肉を持ち上げるようにして口の両側を上げるようにします。

口の端に力を入れると口が真一文字になり力んだ表情になりますので注意して下さい。

実はこの表情が一番難しいと思います。

簡単に説明しましたが、人によって口角の上がり方、目の大きさが違いますのでさらに細かく表情の作り方は変わってきます。また受ける企業によって良い表情、NGな表情があるのです(業種別のOKかNGかは企業秘密ですので撮影に来ればディーバがお教えいたしますよ!)。

これから撮影に来る方は鏡の前でどの表情でも作れるように練習して下さい。ぐっと印象が良くなりますよ!

   スタジオ☆ディーバ  Photographer:アレクセイ・KAJI

|

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »