« 名古屋での撮影会のお知らせ! | トップページ | ディーバの裏側 花火大会編! »

2008年7月22日 (火)

後姿の正体は?・・・アナウンサーとCDジャケット写真との関係

Dsc_3218w雑誌表紙の撮影です。まだ発刊前なのでモデルさんの正体は秘密です。が、テレビ朝日の美人アナウンサーだよ! やがて明らかになるであろう(なんだか偉そうだな)。

ところで久米時代のニュースステーション等でおなじみの「朝岡聡キャスター」の撮影をしました。朝岡さんはテレビで拝見する通りの明るく楽しい方ですが、大変な趣味人で、実はリコーダー(縦笛)の名手なんです。コンサートもするとか。
11w 私も小学校でソプラノ管を嗜みましたが、皆さんもそうではなかったですか。音楽のテストのとき前の女子が超あがっていて、強烈なビブラートとグリッサンドの嵐で、名手だった私まで恐怖が伝染してしまい、無残に失敗した記憶があります。
それはともかく、朝岡氏のエッセイのタイトルはズバリ「笛の楽園」。・・・笛の楽園といえば、オランダの盲目のカリヨン弾き、ファンエイクの曲集ですね。朝岡さん曰く、「森への旅の道連れには、1本のリコーダーとファンエイクの曲集があればよい」と・・・。いいですなあ、そういうの(でも曲集は非常に大部なものですから抜粋版でしょうね)。朝岡さんにはリコーダーを構えてもらえばよかったですね。
Img053で、ファンエイクと言えば、千駄木三丁目が世界に誇る即興演奏のヴィルティオーゾ、あの濱田芳通先生がアントネッロで「笛の楽園」というCDをリリースしています。変奏が凄いです。西山まりえさんや石川かおりママのガンバもまた素敵。このCDはディーバでジャケット撮影しました。ゆるく沈んだコントラストのデザインで雰囲気が出てますね。この中では、テノールリコーダーの加わった「美しい羊飼いの娘」が私のお気に入りです。
Img053_2濱田先生のCDジャケットを最初に撮影したのは、ヘンデルの「フルートソナタ」でした。前回アルバムの「ベネティアの霊感」がコントラストを落とした写真だったので、今度は強いラインライトでシェイプが縁取られるように撮ろうと思いました。実は、撮影後しばらくの間、フェルメールの部屋の窓の光のようにデフューズした光で撮影するのも良かったかなと、思ったりしました。でも、今ではやっぱり、おおらかで骨太のヘンデルはこれで良いのだ、これでなければ、と確信しております。自画自賛ですが私はこの写真好きですね。

    スタジオ☆ディーバ Photographer: Tonno

|

« 名古屋での撮影会のお知らせ! | トップページ | ディーバの裏側 花火大会編! »

アナウンサー」カテゴリの記事

撮影」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事