« 雑誌「JJ」の取材記事に思うこと・・ | トップページ | ハイ!飛行機嫌いの川口です・・・ »

2008年12月 7日 (日)

熱烈歓迎!広島はパワースポットじゃけー!

Photo 先日、広島経済大学で出張撮影会を開催しました。いやあ、キャリアセンターの職員の方々には熱烈歓迎していただいて(写真)。本当に有難うございました。お土産もいただきましたし・・・力いっぱい撮影しました。この大学、男子学生が多かったのですが、ディーバのヘアメイクの技術も与ってか、つけメン、じゃなくて「イケメン」が結構いましたよ。写真は完璧だ、みんな就活頑張れよ!!
この大学のキャリアセンターは本当に熱心で、職員の方達が優秀なので仕切りが素晴らしく、気持ちよく撮影できます。心より感謝しております。就職活動に向けての学校主催の行事も多く、これだけ熱いキャリアセンターがあるというのは、広島経済大学の学生さん達には非常に心強いと思います。今回は三百数十人を撮影させていただきました。

Photo_2で、話は突然変わりますが、辛いので有名な広島つけ麺、これの温かい温麺というのが季節限定であるんですね。今回、広島入りのファーストバイトに、それをチョイスしてみました。これが確かに美味しいのですが(たっぷりのキャベツが◎)、セルフの辛い油、入れすぎると困りますぜ。舌の問題じゃなくて、これはむしろ気管支の問題ですな。麺をすする時に超むせてしまうのです。食べたいのに出す方が多いかも。
次は、私の少年時代からの憧れであった、尾道名物「オコゼの唐揚げ」、これは5月頃が旬なので、いつも食べそこねております。今回、料理屋で見つけて季節外れを承知でゲット! ふぐの唐揚げ、メゴチの天ぷら、それらに似て、味の濃い白身の魚はやはり美味しいですなあ。そうそう、広島と言えば牡蠣でしょ、とおっしゃる御仁のためには・・・生牡蠣は美味しくて当然、殻の焦げた香ばしい焼き牡蠣も最高なのですが、写真ではちょっと変わった一品を紹介します。「究極の蟹味噌焼き、プロヴァンスのレモンの風味を添えて、土地の日本酒と共に」(あ、私の勝手な命名です)。
これが何とも美味・・・・くーっ! 日本一! そういえば今回、キャリアセンターの方には、「どきどき」とか「ちんちくりん」とか、記憶に残る個性的な居酒屋さんを紹介してもらいましたが、それも楽しかったです。

A さて、撮影会終了後の一日、居残り組は少し足を伸ばして宮島へ詣でました。そこの厳島神社パワースポットだとか(イメージ写真参照)。島の佇まいもなかなか風情があります。
Photo_3 で、宮島と言えば「うえの」の穴子飯ですよね。これが有名なので挑戦してみました。店舗は古い大きな商家。その薄暗い廊下や蔵の中で長いこと待たされるんですね。お客達は当たり前のようにひっそりと息を殺し、列を作って待っています。店の人も実に素っ気ない接客で、どこか旧共産圏を思わせるその対応が、さらに旅情を掻き立てると、言えなくもありません。商品は東京のうなぎの蒲焼みたいなものかと思ったら全く別物でした。千駄木の「乃池」の穴子寿司とも違う。ご飯は炊き込みで、関西風の蒲焼(皮がパリパリのやつ)の甘くないのが上に載っている感じですね。少し歯ごたえがあります。まあ・・これはこれでよーし! 店舗の雰囲気とあいまって記憶に残る一品です。

何だか、グルメ・オリエンテーリングの様相を呈してしまいました。やっぱり広島は食のパワースポットだ!

     スタジオ☆ディーバ Photographer: Tonno

|

« 雑誌「JJ」の取材記事に思うこと・・ | トップページ | ハイ!飛行機嫌いの川口です・・・ »

グルメ」カテゴリの記事

就職活動」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事