« 夏季限定!ワークショップ開催!! | トップページ | この人を見よ! 新人アナウンサーの撮影で・・・ES写真のお手本だぞ »

2010年6月28日 (月)

聴かずに死ねるか! えっと、コンサートのお知らせです。

スタジオ☆ディーバで撮影した方々のコンサート情報をお知らせします。

72まず長尾春花さんと村田千佳さん、72日、すみだトリフォニー小ホールです。
「若手演奏家を応援する会」主催ですが、スタジオ☆ディーバも協賛しています。
演目はモーツァルト(K301)とベートーベン(Nr4)Vn.ソナタ、イザイとバッハの無伴奏、バルトークのソナタNr1の予定です。

<奏者について>

春花さんって・・・
先日の仙台国際コンクール3位入賞!まだ東京芸大在学中です。その印象は陽当たりの良い丘のなぞえに咲くすみれ草。それが撮影時の印象。物怖じせずに天真爛漫で可憐。スタジオを訪れる人気アイドル達と共通する精神を感じます。そして円熟期(トリノ)のガダニーニを手にすれば「鬼?に金棒」、
go! go! 春花!

千佳さんは・・・
撮影時の印象は、すぐに場の空気が読めて気配りのできるひと、たぶん・・・。
だからアンサンブルでも各々の個性をつなぐ要になれるのでしょう。

現在、大学でも教えています。千佳さんは8年前にもスタジオで撮影していますが、ますます美しくなったよう。ピアノを弾く姿にも華がありますね。ピアノの前でサテンのドレスで撮影したいと思います。
皆様
是非お出かけ下さい。

★お問い合わせ「若手演奏家を応援する会」 :09035995288 (田部井)
★チケット:東京文化会館チケットサービス :0356850650 

Photo次はマリンビストの松本律子さんです。

「やさしい時間」、と言う冠のついたコンサートです。

「・・・長女を授かり・・私の心の中が変わり、それとともに奏でる音楽も変わってきたような気がします・・」とのこと。
写真も優しい表情です(HairMake-upYukko PhotoTonno)

考えてみれば赤ちゃんにとっては、食器をスプーンで叩くのが最初の楽器体験でしょうね。
でも大抵「enough!」なんて親に叱られてしまう。
さて、打楽器奏者の撮影の場合、マレットがアトリビュートになりますが、どうやって持つかが問題。
なかなかバリエーションがないもので、中には床一面に敷き詰めて撮影した人もいましたな。

8月と9月の公演です。演目ではコダーイのチェロソナタを聴いてみたいです。

★お問い合わせ:09084929760 (松本)

        スタジオ☆ディーバ photographer:Tonno

|

« 夏季限定!ワークショップ開催!! | トップページ | この人を見よ! 新人アナウンサーの撮影で・・・ES写真のお手本だぞ »

お知らせ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事