« ミスインターナショナルも「ミス日本」も・・・ | トップページ | 君は見抜けるか、表紙対決だぞ! 演奏会のお知らせも・・・ »

2010年11月23日 (火)

ミスインターナショナル・ミスワールド2011年、日本代表決定! その舞台裏は・・・ちょっとだけ。

2011年のミスインターナショナル・ミスワールド日本代表が決定しました。ディーバは大会のオフィシャルスタジオとして、候補者のウェブ、カタログ用のスタジオ撮影から、候補者選考会、日本代表選出大会を記録し、先日行われた世界大会の優勝者等のスタジオ撮影を行ってきました。
A1 いや~疲れたなあ、おっとまだ終わってないな。次は日本大会の受賞者のスタジオ撮影があって、今年度は終了。その過程はなかなか興味深いので、いずれ紹介したいと思いますが、とりあえず、日本代表選出大会の結果です。
さる11月20日、池袋アムラックスホールにて、ミスインターナショナルとミスワールドの選考会である日本大会が開催され(ワールドは英国起源、インターナショナルは米国由来で後者の世界大会を国際文化協会が主催しているが、両日本代表候補の選考を同協会が同時に行っている)、ミスインターナショナル日本代表に村山なごみ(学生、モデル22歳)さん、ミスワールド日本代表に田中みどり(タレント22歳)さんが決定・受賞しました。おめでとう!
二人ともノミネートのオフィシャルシューティングから知ってますので、感慨深いものがありますね。受賞後なごみん(いつからそんな名前だ)にやったねと言うと「泣き過ぎ~」といってました。確かに泣きっぱなしでプレスの皆さんも撮影し辛かったのでは・・・で、受賞後の写真です。
B1 左から今年のミス日本代表の「金ケ江悦っちゃん」(世界大会では惜しくも4位&ミスエレガンス)、世界大会ミスフォトジェニック・メキシコの「ガブちゃん」、来年度、準ミスワールド日本の「ナオっぺ」、同ミスワールド日本の「みどり小夜子」(山口小夜子を目指してます)、来年度ミスインターナショナル日本代表の「なごみん」、同準ミスの「デラあさみ」、今年度世界大会ミスインターナショナルのベネズエラ「えりりん」、同準ミスのタイランド「ぴーポン」(ごめんよ、ニックネーム聞いたけど忘れた)。どうですゴージャスでしょう。

C1 リハーサル中の出を待つ仲良し連中(なごみんを探せ)、同じ頃、プレゼンテーターで呼ばれている悦っチャンのミス同士の撮影会、お客が入る前の予備審査風景、その候補者の見た目、これは面白いね。下は候補者出陣の瞬間(おおっ、貴重映像じゃ)。

D1 おまけにディーバのカメラマン・アレクセイ梶、大会中の撮影をディレクトするTonnoカメラマン、涙の受賞風景をちょっとです。

<ミスインターナショナル、ミス日本との違いは?>

ミスインターナショナル・ミスワールドは共に世界が舞台ですから、まず身長で選ばれると言っても過言ではない。コンセプトは国際親善ですが、タイトルホルダーになっても特段の縛りがないので、自分の芸能活動の支障にならず、ほぼ100%の候補者がモデル事務所、タレント事務所等に所属しています。ここが「ミス日本」とは大きく異なりますね(ミス日本は受賞すると1年間は主催事務局の預かりという形になります。受賞者として年間の活動も多く、芸能事務所との両立は難しい。ですから候補者も一般の方が多い訳ですね)。また、「インターナショナル」・「ワールド」はファイナリストになるだけでも、仕事のギャランティーがアップしますので、所属事務所も真剣に応援します。で、再挑戦で栄冠を勝ち取る人も多いんですね。悦っちゃんもそうだってさ(因みに世界大会を総括したスピーチは感動的だったぞ、うん)。

ではミスに選ばれた皆さん、来年の世界大会に向けて頑張って。

        スタジオ☆ディーバphotographer:Tonno

Photo 緊急告知です。
「不況を乗り切ろうキャンペーン」が始まりました。

詳しくは スタジオディーバ ホームページのWha’t new のリンクからクーポンシートのページに入り、
内容をご覧下さい。今回は急な決定でしたが、ガッツリ割引いたしますよ。
来たれ! 共に頑張って不況を乗り切ろうではありませんか!

       スタジオ☆ディーバ 就活支援委員会

|

« ミスインターナショナルも「ミス日本」も・・・ | トップページ | 君は見抜けるか、表紙対決だぞ! 演奏会のお知らせも・・・ »

お知らせ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

撮影」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事