« 2012年10月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月30日 (日)

スタジオ☆ディーバは今日で仕事納めです!

スタジオ☆ディーバは今日、30日で仕事納めです。

旧年中は多くのお客様にスタジオをご利用いただきまして

ありがとうございましたhappy01

新年の営業は4日からとなります。

来年も旧年に増して、厚いご愛顧をよろしくお願い申し上げます。

2012

           スタジオ☆ディーバ  スタッフ一同

|

2012年12月25日 (火)

今年は早いぞ!就活本番

私もイタリア行ってきました。でも帰ったとたん、息つく間もなく選挙の嵐、取材の嵐。1週間に6本の番組でディーバが紹介されました。取材の最後はTBS「Nキャス」で就活用のES写真。そしてその後は就活セミナーの嵐でした。
ということで、今回は就活のは・な・し

Photo 大学3年生の就職活動が本格的に始まって早1ヶ月。ディーバも日に日に慌しくなっています。今年は出だしがちょっと早い?
でもその傾向とは逆に、写真がまだな人も結構いますよね。私も大学や色々な就職セミナーで講演をしていますが、会社説明会もこれからだから、まず説明会に行って、企業研究をして、自己分析をして・・・、そんな声も多いです。

Dsc_4015w ところで知っていますか。会社説明会でもESシート提出するんですよ。もちろん試験ではありませんから、説明会の案内の『持ち物リスト』には筆記用具としか書かれてありません。それでもです。会場で「ESシート、持って来ている人は出してください。」って言われるんです。それに大手企業の内定者は、同じ会社の説明会に何度も参加しています。特に某銀行に採用された学生は、全員がその銀行の説明会に最低7回は行ってたんですよ。
内部情報ですが、それって説明会に参加した回数を数えてるってことだよね。でも本気でその会社に入りたいなら、何回だって納得できるまで説明会に行くだろうし、いつでもESシートも出せる状態にしてあるって事ですよ。
それだけじゃなくESシートを持参していれば、仮に提出と言われなくても、説明会の後にその会社の方に見てもらう事もできますよ。最近は会社ごと、結構コアな内容が求められるから、その会社の方のアドバイスを直接聞けるなんてラッキー!!、すごくポイントの高いESが書ける事、間違いなしです。

そんな中、スタジオ近くのお店の方に、こんな事を言われました。「駅でチラシを配っていると、絶対ディーバへ行く学生だと思う子たちが沢山いるけど、行きと帰りでは印象が全く違う。行く時は今時の学生なのに、帰りは、ただ綺麗というのじゃなくて、何か凛とした感じで、しっかりしてそうって言うか、信頼できそうな感じ。歩く姿勢も、チラシを受け取る時の態度も違う。」というのです。
その子たちは就活のスイッチが入ったのでしょう。それだけで、印象が全く変わるんです。人間は社会的な動物です。周りから求められる印象に無意識に近づこうとするのです。ディーバの撮影を通して自信もついたのですね。本当に嬉しいお話でした。

Photo_2 もちろん企業研究も自己分析も大切だけど、まず、身だしなみを整えて写真を撮る事から始めませんか。世阿弥の言葉にもありますね。「風姿花伝」です。
大切なのはカッコイイとか、可愛いではなく、どれだけ一緒に仕事をしたいと思ってもらえるかです。誰だって、いい加減な人や、暗い感じの人とは一緒に仕事をするのはいやですよね。印象ってほんとに大切です。早く学生から社会人へと気持ちを切り替えましょう。
それだけでなく、明るい印象はそれだけで、ちょっとの事では挫けない強さや、ストレス耐性があるように見えるし、清潔感があるだけで、仕事の納期や生活態度もキチンとしているように見えるのです。

2014 ではどうすれば明るく清潔感があるように見せる事ができるのでしょう。
そこで今年も出てます、「別冊日経WOMAN]。メイクはファンデーションの塗り方から、各パーツごとのポイント説明。全18ページの特集で、もちろんディーバ監修、ヘアメイクも撮影もディーバです。いまや就活メイクのスタンダード。毎年すぐに売り切れるので、ただちに本屋さんへダッシュ!!
それと今直ぐ始められる事がもう一つ。名刺を直ぐに用意して、会社説明会には必ず持参してください。皆が名刺を渡せば相手は必ず名刺をくれますよ。説明会では一方的な会社の説明を聞くだけでなく、個人的に知りたいディープな部分は質問しましょう。そして、ESシートも添削してもらってね。もちろん何度も説明会に参加すれば顔だって覚えてもらえる。社会の先輩達は本気で自分の会社に入りたいと思ってる学生には本当に親切に答えてくれますよ。そしてその日のうちにお礼のメールを出して、もう少し詳しく話しを聞きたいとお願いするのです。その日のうちにがポイントです。
もっともっとアグレッシブに就活してね。

               スタジオ☆ディーバ チーフヘアメイク SUN

|

2012年12月12日 (水)

行ってきました!!イタ~リア

ボンジョ~ルノsign03

Imgp5893wじつは10月末から、2週間ほど・・・行ってきましたぁairplane イタ~リアscissors 
わたくし、初となる海外で、未知との遭遇typhoonでございます。

何故イタリアかというと、弊社の代表の山口が世界に発信する『 THE JAPONISM 』。昨年ポーランドのワルシャワオペラ座のポスターとして、「100年保存するべき作品」に選出されましたが、そのシリーズがきっかけで、イタリアのルッカで行われる『ルッカ・コミックス』に招待されたのです。

『ルッカコミックス』は40年以上も前から続いている、ヨーロッパ最大のアニメ・ゲームの祭典で、毎年20万人以上もの来場者がヨーロッパ中から集まるのだそうです。そこでワークショップをして欲しいと、主催者からオファーを受けたんです。さすが私達ディーバの代表ですsign03

で、私ともうひとり、ヘアメイクの横溝が同行させてもらったんです。代表の他、総勢5名で行って来ました。
もちろんお仕事!決して観光旅行ではありません。

そのワークショップは、山口の『 THE JAPONISM 』を通して日本文化日本人の心を紹介するという内容で、私達への指令は、紹介する作品と同じヘア・メイクをモデルにすることでした。
白拍子から花魁へ、たった20分で着物の着替えからヘアチェンジにメイクチェンジdash
もちろん鬘は使わせてもらえません。なんと無謀なミッションでしょう。
でも、イタリアの皆様に日本を知ってもらうチャンスsign03
毎日培っているディーバのチームワークを発揮して、何とかやりとげました。

Photo 立ち見が何十人も出るほど盛況で、会場いっぱいのお客様から大きな拍手をいただき、とてもうれしかったです。それに達成感もいっぱいでした。
でもそれと同時に伝えること、表現の難しさというのも痛感しました。

しっかーし、その後はご褒美として、フィレンツェ、ピサ、ベネツィア、パドヴァと観光、あっ、間違いです、しっかりと研修させてもらいました。

特にフィレンツェのドォーモ、サンマルコ修道院の受胎告知、スクロベーニ礼拝堂のジョットのフレスコ画、ヴェネツィアの街並み、現地に行かなければ見られない『本物』を体験してきました。

世界は広かったですねえ。これからも、この経験を生かして、もっともっと頑張ります。  

 では・・チャオgood

       スタジオ☆ディーバ ヘアメイク KOZU                                  

|

2012年12月 2日 (日)

クロサワ楽器・ギタープラネットとコラボ企画はじまりました!

楽器と一緒に写真撮影をしたいと思っている方に、
待望の企画が12月3日から開始します!!!!

■1パターン ¥28,000-
・16カット入りCD-Rデータ  ・インデックスシート  ・セレクトプリントLサイズ1枚付き

G_2

受付はギタープラネット店頭のみになります。
お問い合わせはスタジオディーバ川口まで!!

|

« 2012年10月 | トップページ | 2013年1月 »