« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月11日 (日)

能、歌舞伎、宝塚・・・お知らせも

行ってきました、ディーバ恒例の夏研修旅行

今回の舞台は・・・エクシブ蓼科!

Photo_2

そして今回も会議室にこもって勉強、勉強・・・。

スタッフが、「能」「歌舞伎」「宝塚」3つの班に分かれ、年代から有名な作品、演者、メイクから衣装などそれぞれに調べたことを発表しました。

しかもホテルに行く前に国立劇場で歌舞伎の鑑賞をしてきました。

演目は「紅葉狩り」。これは

・・・と説明していくと時間もなくなりますので割愛させていただきます。興味のある方はご自身で足を運んで歌舞伎をご覧ください。

というわけで、日本の昔からの演劇をいろいろ学んできました。それもこれもすべてディーバに来てくれるお客様へのフィードバックのために。

宝塚の受験用写真や囃子方の方々で演奏会用の撮影をされる方はぜひ知識豊富なディーバへお越しください!

夜はこれまた恒例の大食事会!毎晩おいしいものをいただきました(お酒もね!)

          スタジオ☆ディーバ カメラマン:梶谷



お知らせです・・・読まずに死ねるか!

今回ご紹介する書籍は全て表紙とか著者近影をディーバで撮影しています。しかも著者は全員美人で優秀です! これは読むしかないですぞ。献本していただいたものからご紹介します。

1_2

★「小さな・イギリス英語ノート」(市岡綾乃著)
市岡先生は語学・エアラインスクールの「アイザック」や大学等で教えてらっしゃる先生です。お洒落で美しい先生とは思っていましたが、この本を読むとさすがお嬢様だという事が分かりました。ロンドンなどのお洒落なお店、美味しいお店、アフタヌーンティーのたしなみ方などの情報も散りばめてあって楽しいです。
アメリカ英語とプロパーな英語(といっても標準語という概念が難しいらしい)との違いがおもしろいのですが、コミュニケーションにおいて特に大切な英語の一言が紹介されているのは流石、元外資系のCAだった著者らしいと感心しました。英語が苦手な人はもちろん、ある程度できる人でも読んで楽しく、ためになると思いますよ。
もっとも、ご本人に聞くと、本当はもっと面白いエピソードがいっぱいあって書きたかったのに、との事。まあ今回は語学のシリーズですからね。今後を乞うご期待。


★「ファーストクラスで学んだひとつ上のおもてなし」(美月あきこ著)

美月先生も元国際線CAです。すでに何回か書籍表紙用で撮影していますが、今回はお着物で撮影しましたよ。日本人のおもてなしというコンセプトが伝わる感じで良い写真ですね。ご本人は「ボンカレーバージョン」と言ってましたが、いや美しいです。これはかなり実践的な内容、サービス業に就いている方、それを目指す方、特にCA関連の方はとてもためになると思います。


★「成功する人は生姜焼き定食が好きだ」(笠井奈津子著)

これは本のタイトルが秀逸ですな。天晴れです。思わず読みたくなりますね。気になるなあ。しかも可愛い元気な先生です。正しい栄養学がわかりやすく説かれています。是非一読を!

     

       スタジオ☆ディーバ 本を読もうぜ委員会 

 

|

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »