« 2013年9月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月19日 (火)

それから・・・・無沙汰は互いでえ

ご無沙汰してしまいました。実はスタジオ☆ディーバの「文化交流プロジェクト」は外務省の国際交流基金の助成を受ける運びとなり、駆け込みでそのミッションを遂行しておりました(期限が決まっておりまして)。今回は山口と高木、横溝、田中が英国イタリアに出動しましたが、その間、いつも上記スタッフをご指名下さる方々には多大のご不便をおかけしました事を、お詫びいたします。
この事業は日本を世界へアピールするための文化発信が目的ですが、ディーバスタッフの技術向上とグローバルな世界観の獲得をも達成するプロジェクトですので、結局、その成果はお客様に還元されるものと考えております。どうかご理解のほど宜しくお願いいたします。

Photo


今回は先の研修旅行のテーマを発展させて「歌舞伎」と「」の美意識と思想を取り上げ、講演と実演(隈取り、早替わり、結髪、和化粧等)を行いました。併せて写真作品の展示とイタリア人モデルを配置した作品撮影をしてきました。
特に今回はイタリアでの東洋研究、日本研究の最高峰であるヴェネチアのカ・フォスカリ大学から、海外研究員として招かれ、講演とワークショップとを成功裏に実施する事ができ、これが大きな収穫だったと思います。関係者各位に感謝いたします。上は大学が作成してくれたポスターと熱気あふれる会場の様子です。部屋に入りきらず参加できない学生達も多数いましたよ。

また英国でも初めての公的ワークショップを実施する事ができました。この報告はまた後ほどしたいと思いますが(別にいいか)、要するに全てのミッションを無事に完遂する事ができました。ただ報告書を作って提出しなければならないので超面倒です。
それで、前回の続きなのですが、是非お知らせしたい事があります。

Ca1

ローマビエンナーレに招待されたあと、フィレンツェに立ち寄り、CMの仕事をしてきました。トスカーナの丘のなぞりに素晴らしいオリーブ園があり、驚くほど美味しいオリーブオイルが収穫されるのですが、そこのオーナーの依頼で、ブランド紹介用のCM撮影を行ったのです。土壌改良を地道に行い、混ぜ物なし、純粋有機テロワールの安全、鮮烈なオリーブオイルです。現在、生産量も少なく、会員制で限定量だけ、日本の食卓にお届けする計画です。この品質を考えるとお値段も手頃、会員希望の方は、是非スタジオ☆ディーバにお伝え下さい。今なら入会費は無料です。あまりの品質の素晴らしさにディーバがマージン無しで販売の仲介を引き受けてしまいました。商売ではありませんので、お気軽にお問い合わせ下さい。コンセプトはトスカーナの風を日本の食卓へ

Ca2

オリーブオイルのうちで、日本で普通エキストラバージンとして売っているものは、絞って1年から2年程経っているもので、メーカーのものは色々な産地の混合物なのですね。オリーブは産地によって味や香りが異なり、トスカーナのものは実にさわやかな香りです。これのヌーボというか搾りたては、めったに手に入りません。特にシングルモルト?のものはですね。今回試食できましたが、非常に力強く、色は宇治金時の如し、透明ではありません。一瞬突風のように、苦みと強烈で爽やかな香りが喉と鼻を駆け抜け、それが一日中続くのです。不思議なことに辛味もあります。これはオリーブオイルでは無い、という意見もありますが、私はこれが大好きですな。11月頃のイタリアの産地では時折、店頭にも少量出るようです。これが数ヶ月するとやや落ち着き、といっても青臭い位にさわやかな香りと、サラサラ感を維持していますが、さらに1年経つと透明な緑色となります。それでも非常に香り高いものです。2年位でまろやかで優しくなるようです。このように熟成して行きますが、毎年ゲットすればその課程が全て楽しめ、料理にも使い分けられますね。

1


それはともあれ、そのオリーブファームを訪問中に、日本のテレビ局の取材が入りました。「旅サラダ」というテレ朝の番組で、ファームに付設されたプチホテルを紹介する内容です。リポーターは小塚舞子さん、大阪舞夢プロのタレントさんです。とても真面目で可愛いひと。上の写真、左から有名な現地コーディネーターのユキエさん、高木、小塚さん、男です。

2

取材風景を載せておきます。素晴らしいロケーションとゆったりした上質の時間、このファームのホテルは素晴らし過ぎるのであまり宣伝したくないのですが、上記会員の方はここも使い易くなりますよ。でも・・・・

Photo_2

少々紹介しましょう。オリーブファーム「ピッコロカンパーニャ」のゲートです。プールだってあるぞ、私がこの宿で本当に一番気に入っているコーナー、リビングゾーンへの入り口です。このフレスコ画がすごい、ルネッサンス初期の画家、マゾリーノ・ダ・パニカーレ「足萎えの癒し」中央部分の模写です。このお洒落な部分を選んで、しかもフレスコを描かせるとは、オーナーのマダムのセンスが伺えますな。遠くフィレンツェのドーモが見えるのですが・・良い眺めですね。オーナーのマダムサキコ、料理も非常にベニッシモな日本人で、私たちとは二十数年来の知り合いです。オリーブの点検に余念のないファームディレクトールのマチューさん。元インテリジェンス、何でもできる超人です。マダムはもう一つ、ドーモの至近距離に「ピッコロレジデンス・アパートホテル」というキッチン付きの長期滞在型ホテルも経営してらっしゃいます。写真はオーナーの息子さんでイケメンと評判のターロ君。そのホテルの支配人で日本語もOKです。彼はウエブエンジニアでもあります。
ホテルはネットで検索できますから、フィレンツェ方面に行かれる方は是非お泊り下さい。スタジオ☆ディーバの紹介と言っていただけると良いことがあるかもです。

長くなったのでやめる!

           スタジオ☆ディーバ Photographer:山口直也

|

2013年11月18日 (月)

ルクエ・スイーツスクールへ!

皆さん、「ルクエ」ってご存知ですか?

もちろん知ってますよね、、、flairflairflair
そう!火を使わずに手軽に調理できる、あの便利なルクエですrestaurantshine

先日、東京の神田にある、「ルクエ スイーツスクール」へお邪魔して
代表の先生の撮影をしに伺いましたrvcardash

Photo


今年の8月から開講しているようで、設備はとても綺麗shineshine 
もちろんルクエの商品がたくさんありました。
  ※あまり詳しく知らなかったのですが、蒸し料理はもちろん、パスタを茹でたり、
   スポンジケーキを作ったり、様々な用途に使用できるようですsign03 便利ヽ(´▽`)/

撮影は2時間以内と制限がありましたが、
キッチンスタジオに射しこむ自然光を利用して、スムーズに進みましたshine

代表の方も、スタッフの方も非常に明るく、終始良い雰囲気で楽しかったですhappy02sign03
撮影した画像はDVDのパッケージなどに使用されるようなので完成が楽しみですshine

今回のように、ディーバでは出張撮影も行っておりますので、スタジオまでご相談下さい。
(時期や混雑具合によりお受けできない場合もありますので、ご了承下さい。)

                                ヘアメイク 細田

|

« 2013年9月 | トップページ | 2013年12月 »