« それから・・・・無沙汰は互いでえ | トップページ | 年末のご挨拶 »

2013年12月23日 (月)

始まりました、就活本番!そしてぐるニャんも

お久しぶりです。私もイタリアいってきました~。
しかも今年は3回も。皆さんに紹介したいグルメな話、たくさんあります。でもその前にちょっと就活。
Dsc_2460w

大学3年生の就職活動が本格的にはじまりましたね。ディーバも慌ただしい毎日で、年内の予約は全て埋まってしまいました。でも時々キャンセルがでていますので、年内に撮影したい方はコマめに問い合わせてみてください。
ところで皆さん、ESの準備はOKですか?今は合同の企業セミナーが中心ですが、年が明ければ会社説明会も始まります。
Dsc_4015w_2知っていますか?会社説明会でもES、提出させられるんですよ。もちろん説明会の案内の持ち物リストにはESとは書いてありません。会場で「エントリーシートを持ってきている人は出してください。」と言われるんです。



それに大手企業の内定者は同じ会社の説明会に何回も参加しているんです。某大手銀行の内定者では説明会に参加した回数、最低で7回だったそうです。
私も大学や色々なセミナーで講師をしているので、その時には必ず言っています。「本気でその会社に入りたいなら何回だって説明会に参加するし、いつでもESを出せる状態にしてあるってことですよ。」
それからもちろんESには写真を貼りますが、その写真の印象って本当に大切です。
では印象をよくするためにはどうしたらいいのでしょう。

2015
そこでジャーン!今年もでました「別冊日経WOMAN」。ファンデの塗り方から、各パーツごとのポイント説明、全18ページの特集です。勿論ディーバの監修で、僭越ながら私が解説と指導をしております。そしてヘアメイクも撮影もディーバです。毎年すぐに売り切れるので、ただちに本屋さんへダッシュしてね。

Dsy_9594wそれからもう一つ、名刺もすぐに準備して説明会には必ず持参してください。皆が名刺を渡せば相手は必ず名刺をくれますよ。インターンシップでも、会社説明会でも必ず名刺を渡して、相手の名刺ももらいましょう。それからESも持参して、できれば添削もしてもらいましょう。もちろんその日のうちにお礼のメールは忘れずに。その日のうちにがポイントです。そして、更に詳しくお話を伺いたいとお願いしましょう。社会の先輩たちは、どんなことでも自分の会社に入りたいと思っている学生に、本当に親切に答えてくれます。イケイケどんどん、アグレッシブに就活してね。応援してるよ。

さてさてお待たせしました。ぐるニャんです。皆さんに紹介したい美味しいもの、沢山ありすぎ。まずは今回食べてきた中でお薦めのお店を紹介しましょう。
<イギリス・ストラットフォード・アポン・エイボン>ウーシャ(USHA)。インド料理です。さすがイギリス、東インド会社ですね。美味しいです。私たちもストラットフォードに行ったら必ず行くお店です。
オポジション。ジャンルはイギリス料理のお店となっています。イギリスに料理はないはずなのに・・・何故?。でもここは何を食べても間違いなく美味しいです。必ず行くお店の一つです。ちゃんとした料理になったフィッシュ&チップス、お奨めです。でも山口はこの日、歯に激痛で食べに行けませんでした。本当に可哀そう。言葉とは裏腹、私たちはしっかり美味しくいただきました。でもこんな風に書いてると永遠に続きそうなのでお店の名前だけ紹介しますね。

Dsn_6884w<ベネツィア>エノテカ・サンマルコ、リネア・ドンブラ、ダニエリ・オステリア・カルラ(お店の入り口にはなぜかピエトロ・パニッゾーロって書いてあって、下に小さくオステリア・カルラとでてます)、バンコジロ。
<フィレンツェ>ザザ、アカデミーア、チブレオ、オラフォ等々。
詳しくはまた今度。ただし気の遠くなる長さにお付き合いいただければの話ですが。

でもこの時期にイタリアへ行ったら絶対食べたいものはヌーボのオリーブオイル
搾りたてのオリーブオイルはピリッとした刺激とちょっと苦味があって、大人の味。色も鮮やかな緑色ですが、ちょっと濁っています。2か月位経つと段々とオリが沈んで透明になり、味もまろやかに変わってきます。でもベタッとした油っぽさはなく。あくまでも爽やかです。
ところがこのヌーボ、日本で買うと10,000円位するんです。暴利だ~!
ちょっと重いけどお土産に最高です。2,000円くらいで手に入りますよ。

Imgp8223wそれからスキエ・コン・ポレンタ(スキエのポレンタ添え)。
スキエは秋に獲れる小エビです。頭と殻をむいたら桜エビ位の小さなエビで、風味も甘味の強い桜エビな感じです。ポレンタはトウモロコシの粉を練ったもので、マッシュポテトのような蕎麦掻がきのような感じです。ポレンタは日本では何故かあまり好まれないらしいのですが、私は大好き、是非練りたてのフレッシュポレンタを食べてみてください。このメニューも、この時期だけ。しかもベネツィアの近くの海でないと、スキエがとれないので食べれません。

それから日本ではまだあまり知られていませんがブッラータ
モッツァッレラのようなチーズですが、原料が水牛でなく牛のミルク。水分が多くて癖が全くなく、中心は生クリームのようです。ブッラータも見つけたらぜひ食べてみてください。

そして今は1年中食べれるトリュフですが、これも本来なら秋のもの。フィレンツェのトルナブォーニ通りにある、トリュフの専門店、プロカッチ。アペリティーボにトリュフサンド(2€位、高くないよ)とグラスの赤ワインを。絶品です。

Dsn_6039w


それからぐるニャんじゃないけど、フィレンツェにいったら是非行ってほしいところ。ちょっと大変だけどドォーモかジョットの塔の上。ここで聴く鐘の音は絶対記憶に残ります。日没の時には夕日でオレンジ色に染まった街中に、教会の鐘が遠くから順番に重なりあって鳴り、ドォーモの鐘が鳴る時には、まるで輪唱のように街中の鐘が鳴り響きます。身体に伝わる鐘の振動と耳から聞こえる鐘の音、オレンジ色の風景、五感に響く何とも言えない感動の時間です。

是非お試しあれ。

    スタジオ☆ディーバ チーフヘアメイク SUN 

|

« それから・・・・無沙汰は互いでえ | トップページ | 年末のご挨拶 »

グルメ」カテゴリの記事

就職活動」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事