« イタリア・ギリシャ・ルーマニア活動報告<その①> | トップページ | 海外遠征記。アメリカ編。ティファニーで朝食を! »

2014年6月30日 (月)

イタリア・ギリシャ・ルーマニア 活動報告<その②>

ヘアメイクの細田です。川口さんから引き継いで、ルーマニアでの活動報告をしたいと思います。

先の2ヵ国と同様に、「歌舞伎」と「能」の精神。写真作品を通して日本の文化を伝える
ワークショップ、ジャポニズム・プロジェクトを行うため、ルーマニアの首都ブカレストへ移動しました。ルーマニアと言えば、「コマネチ」「ドラキュラ」程度のイメージしかなく、
どんな国だろう、、、と不安と期待を抱きながらの渡航でした。ルーマニア到着直後の印象は、暗い。。雨も降っていて不気味。。。
しかし、在ルーマニア日本大使館の高松書記官が空港まで迎えに来て下さり、温かい歓迎をして頂き、ホッとしました。

空港からそのまま大使館へ移動し、山本大使へのご挨拶。朝4時にホテルをチェックアウトしての空港から直行。着替える時間もなく失礼ながら旅の一座のような恰好での訪問でした。そんな我々に対しても、丁寧で優しい雰囲気で温かく迎えてくださり、ルーマニアの情勢や人々の生活についてお話を伺うことができました。特に印象深かったのはルーマニア人は「語学の天才である」ということで、TVなどは翻訳せずに字幕も無しで放送されていることが多いそうで、幼少の頃から様々な言葉を耳で聴いて習得しているようです。(ルーマニア語・英語・イタリア語・日本語など)いつまで経っても英語を覚えられない自分とは大違いだなと痛感しました。

Photo

別日には、保坂公使に夕食会を開いて頂き、美味しいルーマニア料理を頂きながら、
新たなプロジェクトへ向けてのお話をする機会がありました。
非常に温厚な雰囲気の公使ですが、ルーマニアの前は中東諸国を周られたようで、
情勢の厳しい中で活動されたときのお話を伺いました。
今回はすべて大使館からの招聘を受けたプロジェクトだったので、緊張の連続でしたが
どの国でも本当に温かい歓迎をしてくださり、固いと思っていた大使館や外務省の印象がガラッと変わったことも貴重な経験となりました。

2

ルーマニアではワークショップを2回行いました。1回目は「ディミトリエ・カンテミール大学」で、会場は今回のワークショップ最大規模。軽く300席はあるホールでした。日本語学科のある大学で、モデルをやってくれた学生も日本語がとても上手で、コミュニケーションをとりながらヘアメイクをすることができました。
保坂公使が初めにご挨拶をして下さり、参加してくれた方々は山口の講演やヘアメイクのデモストも熱心に聴いてくれていて、日本への関心が強いことを改めて実感することができて嬉しかったです。

4

2回目は国立「ブカレスト映画演劇大学」で、ここは日本でいう芸大のような学校。
演劇科の学生が多く集まり、熱心に講演を聴いてくれました。ここでは体験型のワークショップだったので、打掛を実際に羽織ったり、手に白塗りの粉をつけたりして、楽しんでくれていました。中でも演劇大学だからか、能面がとても人気で、きちんと一礼をして能面を顔に当てている様子がとても印象的でした。モデルも演劇科の学生で、とても整った顔立ちで可愛かったです。
ルーマニアは近隣諸国(ロシア・トルコなど)と混ざって、特に北部は美人揃いだという
話を聞いて、もっともっと北へ行ってみたくなりました。
国民性として、美容(特にアンチエイジング)に関心が強いらしく、安くて効果の高い商品が多く取り揃えてある店もあって、見ているだけでも楽しかったです。
あと、なぜかルーマニアでは日本人男性が人気らしく記念写真を撮られる機会が多かったです。少しテンションが上がりました。

3

ルーマニアでは観光もできて、国民の館(共産党時代に故チャウシェスク大統領が建てた大理石の建物でマイケルジャクソンがLIVEをした所)、旧市街、教会、シナイア僧院、ペレシュ城、ブラン城(ドラキュラ城のモデルになった所)などを見て周ることができました。詳しく書くと長くなりますので省略しますが、それぞれの場所で当時の文化や生活を垣間見ることができました。もっと歴史や文化の勉強をして行けば良かったなと思いました。
食事もルーマニア料理は、わりと日本人の口に合う味付けで、少し酸味のあるスープやサルマーレというロールキャベツなどが美味しかったです。特にデザートのパパナッシュはドーナツにヨーグルトとフルーツのソースがのっていて、日本でも人気が出そうな味で私の主食となりました。

5

今回の18日間の滞在で、海外の人々との交流、文化や歴史の理解、海外の方の顔立ちに合わせたヘアメイクを、たくさん行うことが出来て、普段のスタジオワークではなかなかできないことを経験することができました。また、言葉は通じなくてもディーバで培った技術があればコミュニケーションが取れること、信頼を得られること、喜んでもらえることを改めて感じ、技術者としての喜びを味わうことが出来ました。
弊社代表の山口、チーフヘアメイクの高木、先輩の川口とともに、各国で大使館との交流をし、現地の人々に日本の文化とディーバの技術を紹介できたことは何にも代えがたい経験となり、自身の知識と技術の幅を広げられたことはとても有難いことでした。
Lockup1_b_2

今回の経験を生かし、普段のスタジオワークにも還元できるように精進していきたいと思います。 次のブログは後発組に引き継ぎますので、是非ご覧ください。

          スタジオ☆ディーバ ヘアメイク パパナッシ細田

|

« イタリア・ギリシャ・ルーマニア活動報告<その①> | トップページ | 海外遠征記。アメリカ編。ティファニーで朝食を! »

仕事」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事