« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月21日 (月)

イタリア ナポリコミコンに行った!

アメリカのミキティーから引き継ぎ、イタリア(ナポリ、ローマ)のご報告をわたくし輿石公美(koshiishi-masami)がさせて頂きますo(*^▽^*)o

NY視察(?)から旅の一座はアリタリア航空にてナポリに向け出発しました。

NYを夕方に出発しローマで乗り換えをして,計8時間のフライト後、朝方ナポリに到着!
会場の設営が待っているので睡眠を取らないとっと思いつつ眠れずに到着してしまいました(;´д`)

ナポリではナポリコミコンお茶カフェ(Ochacaffe)の招聘を受けてワークショップ浴衣撮影会をして来ました(o^-^o)
Photo_2


ナポリコミコンとは4日間で6万人以上の訪問者を記録し、15のテーマに分かれた展示会や、ワークショップ、試写会、上映会、コンサートなどが開催され、世界中からイラストレーター、シナリオライター、そして漫画家が集結するイベントです。日本でおなじみなアニメのキャラクターのコスプレをしたイタリア人がいっぱい。彫の深い顔のイタリア人のコスプレは可愛かった(≧∇≦)ほっそいドラえもんコスプレは気持ち悪かったけど、、、( ̄◆ ̄;)

お茶カフェは日本に興味を持つイタリア人と,イタリアに興味を持つ日本人の皆さんの交流の場として活動を始め、イタリア北東部のパドヴァを拠点とし、日本文化、イタリア文化を紹介することを目的の団体で、その 代表のシルビオさんとえりこさんにはディーバのブログにもちょいちょい出演していただいてますヽ(´▽`)/

空港に着くと今回のナポリコミコンのスタッフが迎えに来てくれていて、会場に早速向かいました。
高層ビル・ビル・ビルのNYとは一転!タイムスリップしてきたかのような、昔のイタリア映画のような町並み(若い子には分からない表現かしら、、、つまり窓から窓に洗濯物がはためいているような)のナポリに少し不安を感じつつ会場に到着。

前日に到着していた日本人スタッフから盗難があったことを聞かされ(lll゚Д゚)、ますます不安になりながら明日の本番に向けての準備を行い、途中腹ごしらえでレストランへ行きました。

う・う・うまい!!イタリアサイコ―!! テンションマックス!!
何気なく入ったレストランでチーズうまし!パスタうまし!ピザうまし!

明日からのナポリコミコン テンションマックスで頑張れる!って思ったさ(≧∇≦)

で、残りの準備も終わり、ちょこっと綺麗な格好に着替えてレセプションに出席しました。

主催者の方のあいさつが行われたり、弊社の代表・山口先生がイタリアの局に取材を受けたり、最後は光と音楽付の噴水のショーがあり~の豪華なレセプションでした。

本番は4日間。会場は大勢のお客様で大賑わいでした。ワンピースのルフィーが沢山いましたよ(*^m^)
今回のナポリコミコンには日本からスタジオ☆ディーバの他にも、キルビルに出演された島口哲郎さん率いるKAMUIの方たちや、「進撃の巨人」の挿入歌の小林未郁さんや、アイドルグループバクステ外神田一丁目などなど錚々たる方々がお越しになっていました。

ワークショップではスケジュール表示が間違って書かれてたにも関わらず、沢山のかたに集まって頂き、先生の作品や日本の文化に熱心に耳を傾けている大勢のイタリア人の姿に感銘を受けました(*゚ー゚*)
Photo

日本で毎日ミキティーと残って練習していた花魁早替えもバッチリ成功しました(v^ー゜)ヤッタネ!!

浴衣撮影会ではお茶カフェのスタッフの方たちに助けてもらい日本で教えてもらった片言のイタリア語と英語とジェスチャーでコミュニケーションを取りながら行いました。
日本人よりストレートに感情を出すイタリア人に、自分の技術で喜んでもらえるか不安でしたが、鏡を見せた時の大きなリアクションと笑顔でとても喜んで頂いてると実感しました。そして言葉が通じなくとも人を笑顔にできる素晴らしい仕事をさせて頂いてることを再確認させていただきました。
Photo_3

ナポリコミコンの夕飯は毎日大型バス3台でレストランまで移動して大勢のスタッフで豪華なブッフェスタイル!

Dny_3060毎回違うレストランでの夕食でした。初日のレストランの夜景は素晴らしかった(ナポリを見て死ねって言われるの納得の夜景でしたよ!)毎日お腹いっぱいいただきました(*^.^*)

中でも私のお気に入りはブッファラというチーズ。一口サイズで大きなお皿にてんこ盛りで出てきます。パクパクと赤ワインと一緒に食べると止まんないよね(≧m≦)自分がブッファラになってしまいそう!


そんなこんなで毎日バタバタと楽しく賑やかに過ごし、あっという間の4日間でした。

そして次はローマに移動です。Photo_4

車で15分だよってイタリア人スタッフに教えてもらった駅は45分もかかり、ホームをトランク2つと大きな荷物(大切な大切なメイク道具です)も抱えてダッシュで移動。ゼイゼイしながら何とか列車に乗り込みセーフでローマに移動。

ローマでは山口先生、高木先生はローマ大学や文化会館、DOUZO(今度山口先生が個展をするギャラリー)との打ち合わせに飛び回って頂いていたので、私たちは初めてのローマを満喫させていただきました(ありがとうございますm(_ _)m)。

先生たちの知り合いのローマに住んでいてドイツで育った、日本人のマイコさんにも色々案内していただき、スタッフブログのシンボル:「真実の口」も見て来ましたよ!マイコさん彼のトライアスロンやってるジョゼフさんにも美味しいジモッティ―しか知らないようなレストランに連れて行ってもらい美味しいもの沢山いただいてきました( ´艸`)プププ

ローマで評判のジェラート屋さんも案内していただきました。ピスタチオのジェラートが最高でしたよ。すっごいオススメです。思い出したら食べたくなってきた(u_u。)
Photo_5

日本を出発してアメリカに行きイタリアに移動し地球一周した今回の出張。

行く前は16日間長いなぁって思っていましたが、あっという間の16日間でした。初めての経験を沢山させて頂き色々な人に助けられてたくさんの感動を頂き、この仕事の素晴らしさを再確認させていただきました。
このような機会に参加させていただいたことは私のこれからの仕事や人生において大きな財産になったと思います。今回の事を生かし日々精進し頑張っていきたいと思います。

アメリカ・フィラデルフィアのショーでお世話になった方々、ナポリコミコンでお世話になったお茶カフェの方々、ローマでお世話になった方々、皆様ありがとうございました。

そしてスタジオ・ディーバのスタッフであることに感謝いたします。

                        スタジオ・ディーバ ヘアメイク マミ

|

2014年7月12日 (土)

海外遠征記。アメリカ編。ティファニーで朝食を!

前回のブログ、パパナッシ細田より引き継ぎまして、後半戦、参戦いたしましたのは、私ヘアメイクのミキです(。・ω・)ノ゙

他スタッフは弊社代表、山口大先生、高木ディレクター、先輩ヘアメイクのマミさん。

後半戦はアメリカイタリアへ行ってきましたよ(*^ー゚)b、なんとこれが初めての海外!
今回はアメリカの事についてお伝えします☆★★

アメリカはフィラデルフィアNYairplaneに行きました。

1

着くまでがとにかく長くて、長くて、機内食何回出るのsign02的な。。約13時間くらいでしょうか。私の隣に座っていたマミ先輩は機内で映画鑑賞しながら号泣してました。。( ´艸`)

長い機内でもそんなほっこりエピソードもあり、無事NYのJFK空港へ到着good

しかし到着したはいいけど、税関を通るまでに1時間くらいかかりまして、正直早くトイレに行きたかったですね。ディズニーランドも驚きですよ(lll゚Д゚)

と、色々ありながらもNYから車でフィラデルフィアに移動。1時間半くらいで着きました。

フィラデルフィアは、古都の町並みが美しい東海岸の街、ペンシルベニア州にあります。
「宗教の自由」を求め、イギリスからウィリアム・ペンがクエーカー教徒を引き連れて上陸したのが1682年。ペンはこの地を古代ギリシア語で「兄弟愛の街」を意味する「フィラデルフィア」と名付けたそうです。愛称は「フィリー」です。

18世紀を通じてフィラデルフィアは、ロンドンに次いで英語圏で2番目に大きな都市、北米最大の都市となり、当時植民地であったアメリカ大陸の商業・工業・政治の要になったそう。

そうそう映画『ロッキー』の撮影場所でもあるんですよ。知ってました?遠目からですがロッキー像を目視eyeいたしました。

そんな素敵な街で、今回仕事を行う事ができました( ^ω^ )

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

今回、フィラデルフィアで行った仕事は『Vanishing Goddess Show』というショーでした.。

2

出発前に山口がブログで書いてましたが、映像と歌と演奏のショーshine
歌はJames MacFarlare(今回の主催者)と梶谷久美子さん、
演奏はゆきのさん(ピアノ)、語りはマリアンさん。

バックの映像やショーのテーマ曲は、ジャネットジャクソンの音楽をやっていたクレイさんが山口の作品やコンセプトから創作意欲をインスパイアされたという事で、一から作ったそうです━━━(゚∀゚━━━!! すげえ

そして、山口の話(もっちろん英語でーす)goodshine

ショーの内容は、簡単に言ってしまえば日本の女性性の歴史、というところでしょうか。

女性って素晴らしいのよsign02の様な。

ショーは2部構成になっており、1部は古代期~平安期、2部は江戸期~現代まで。女性性の歴史を表現する構成。時代背景を出す為に久美子さんの衣装も卑弥呼になったり、白拍子になったり、花魁で艶やかに登場したり、最終的に現代女性へと変貌を遂げるのですshine

当然、途中で衣装やヘアメイクも短い時間でチェンジをするので、楽屋はバッタバタでしたし、楽屋と舞台が近い場所でしたので、声や物音に気を付けながらも素早く動く!という。。忍びみたいですね。。。(;;;´Д`)

ショーのヘアメイクは時間が分単位で刻まれていくので緊張しましたが、その緊張感もまた心地よかったです。ライブはなかなか良いですね(・∀・)楽しいですsign01

ショーは2日間行い、無事成功におわりました!海外の方に混ざって仕事をするのに言葉の壁を心配しましたが、皆さんとても気さくな方々で、もっと話をしたかったですkissmark次回、ご縁があれば、その時はもっと英語。。頑張りますΣ(A;´・ω・)

3

文字で書くよりも見ていただいた方がわかりやすと思いますが。。。実はそのうち映像が仕上がる予定らしいので、その時はHPにupしますから見て下さいねcatface 
とりあえずは女性は素晴らしい!って事で。(。・w・。 )

さて、ショーも無事終わりNYへ戻ってきた我々は、かなりの高級ホテルへ宿泊させていただきました!ジェームス、Thank you so much!って感じですheart04

一日、ジェームス、久美子さんも時間を作ってくださって一緒にNY観光、あっ、視察させていただきました。

テンション*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!MAX!!!

NYに着いて驚いたのは、建物、、、大きいupwardrightupwardright本当、蟻ん子の気分味わえますよ。

4

皆でキングコングのエンパイアに登ったり、おっきなおもちゃ屋さんに行ったり。。。

私はジョンレノンのダコタハウスがテンションMAXで、鼻歌歌いながら、ストロベリーフィールズフォーエバーして来ました。

仕事なのに、かなりアメリカ満喫してしまいましたね。ヾ(´ε`*)ゝ これも一緒に同行して頂いたスタッフ皆様のお蔭です!

ここでお礼言っちゃいます。本当にありがとうございましたheart04

また、現地で色々サポートして下さった皆様にも感謝です。

今回、感じたのは言葉よりも同じ物を共有する事が出来れば、感じる事は同じということ
日本の文化は大変特殊で、それに興味を持ってくれる方が多くいるという事。分かち合う事の素晴らしさを感じる事ができました。
それに女性が素晴らしいという事。。。( ´艸`)゚。

素晴らしい経験ができた事に感謝いたします。楽しかったです本当に!ありがとうございました(*v.v)。

という訳で、後半戦のアメリカ編はミキがお送りいたしました。

ちなみに、フィラデルフィア名物の『チーズステーキ』はThe アメリカ!!な食べ物でした。
ジャンクフードがお好きな方は好みだと思います!

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

さて、来週のご報告は先輩マミさんがイタリアについてお話いたします。是非、ご覧ください。
では、バトンタッチです(。・w・。 )

            スタジオ☆ディーバ ヘアメイク
 

                             ミキ(o・ω・)heart04

|

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »