« 鴎外荘撮影は母心って! | トップページ | はじめまして! »

2016年6月25日 (土)

選挙ポスターのスペシャリスト、何か問題でも?

これで当選だ!選挙ポスター、取材の嵐だぞ!

先日のフジテレビに続いて、選挙ポスター撮影に関する取材です。「選挙ポスターと言えばディーバ」と言う今日この頃。今回はバズフィードジャパン、ウエブのニュースサイトです。
現在ヤフーニュースにも出ていますので見て下さいね。
えっ、お呼びでない?
そうねえ、でも面白いですよ、一般の方も、学生の人達も。なぜならこれはCMの方法、さらに自分をプレゼンする方法につながりますので、参考になるのでは。
記事では山口が随分上から目線で話していますが、実際はもっと紳士的でしたよ。

1

初めの写真、本人の普通、でも少し良い感じ。ヘアメイクをして撮影してます。
これが「未来目線」というやつ、日本の夜明けは近いってか。光あるうちに光の中を歩め、これは屋外を無意識に連想させるライトなのです。

2

候補者と確認しながらイメージを詰めます人生の午前8時、さわやかです、これから朝日の当たる坂道を登って行くのです。
二期目の信頼は夢中で励んだ実績の上に。・・・という感じですね。

これらは修正無し、ヘアメイクとコーディネートの力なのです。本当に素晴らしいですね。

次はお知らせですマエストロヤマグチの個展続々開催さる!

以前お伝えしましたイタリアはローマでの弊社代表・山口直也の写真個展「Un Milione Di Lune」(百万の月)ですが、好評につき会期延長になっております。ローマ在住の方、まだ間に合いますぞ、是非ご覧下さい。
Photo
また先月の事ですが、シチリアのエトナで、やはり山口の写真個展「Maid in Japan」が開催されました。その時の現地の告知がこれです。

A

エトナって火山ですね。確かエンペドクレスという哲学者が火口に身を投げたとか言う。で、サンダルが片方飛んで出たって、昔何かで読みましたな。

この個展、大好評です。展示のテーマは、日本のサブカルチャーで生まれた「メイド」、その成長と自己実現の荒唐無稽なファンタジーです。

1_2

未熟な「おもてなしの心」をもって天真爛漫に可愛さをふりまくメイド、しかし彼女はやがてスランプに落ちます。人は皆、神の前に平等ではないのか?悩んだメイドは学習し、やがて善悪を知るに至ります。それはエデンの園からの追放。

2_2

無意識の底に降りてゆくメイドのシーンは、冥土の土産を捧げ持って、谷中墓地で撮影しました。しかしやはり「知は力なり」。

3

一筋の光明を見出したメイドは、ロックシンガーとなって真実のメッセージを叫びます。荒野に呼ばわる声です。最後には旅の仲間を得て社会事業に乗り出すのです。でも多分これは江戸中期です。
すばらしいファンタジーですね。こんな話聞いた事もないです。でもこれは講演会と組み合わせて展開しましたが、向こうの大学とかで大変受けております。ちょっと私の想定外でした。日本でもメイドの個展やりますので、その時はまたお知らせします。

      スタジオ☆ディーバ Photographer: 山口直也

|

« 鴎外荘撮影は母心って! | トップページ | はじめまして! »

お知らせ」カテゴリの記事

撮影」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事