« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年5月

2017年5月 8日 (月)

ベルリンの壁ってあれかい?

ベルリンだ。行け!ユンカース

 

大変申し訳ありません

明日から28日まで、山口、高木がドイツへ出かけます。撮影のご指名の方々には大変ご迷惑をおかけしますが、スタジオは鋭意、通常の営業をしておりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。
私、ドイツは初めてです。在ベルリン日本大使館にも挨拶に行きますが、少し楽しみです。別に「今度はイタリア抜きでやろうぜ」という事ではないのですが。知っていますか、私たちの先輩世代の商社マンはドイツでよく言われたそうです。そして乾杯の後は「行け、ユンカース」の合唱。そういう話を聞いた事があります。

そしてベルリンの壁の所、あのブランデンブルグ門の近くで山口の個展を開催します。テーマは今回はいくつかのシリーズ作品からの抜粋で構成します。「The Japonism」「Through the other side」「Heaven Man Earthです。

D4s_6763w

最後のやつは先日、千葉県の市原市で撮影を行いました。ドイツ在住の日本画家、寺田琳氏の作品を背景に、新国立劇場のプリンシパルのバレエダンサー、マイレン・トレウバエフ氏と観世流の能楽師、松木千俊氏が、西洋の「踊り」と東洋の「舞」をパフォーマンスし、撮影するというもの。
D4s_7210wb
寺田琳さんは大変な芸術家ですね。フランクフルトにはご自身の美術館も持ってらっしゃるのですが、その作品もでかいです。今回展示したのは「天地」と「禅」という作品。この作品がそれぞれ横幅20メートルあるんですね。ヨーロッパでは、城とか修道院とかで個展されています。

ですからこれを展示するのに場所を探しまして、千葉県市原市に里見小学校という廃校になった学校があり、その体育館を借りて撮影しました(写真)

これは市原アートミックスという催しの一環として、撮影セッションを行い、地元の小学校でも撮影した一部写真の展示をします。

Photo


絵画作品は日本初公開だそうです。テーマは当然背景の「天地」から、バレエと能の対比、天への踊りと地を滑る舞、瞬間と永遠、動と静、そしてそれらをつなぐ「禅」と言うもので、タイトルは「天地人」としました

Photo_2

しかし、あれですね、アクアラインで木更津へ出て1時間と少し。しかしそこは超田舎で(失礼)、人家もまばら、街灯もなく、こんなに自然の豊かな、というか人里離れた秘境に、東京から1時間あまりで出会えるとは、不思議発見の感動でした。

いずれにしても、初めてのドイツ、頑張ってきます。


    スタジオ☆ディーバ Photographer:山口直也

|

« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »