アニメ・コミック

2013年3月12日 (火)

イギリス・イタリアに行ってきました!

Imgp8668 こんにちは。ヘアメイクの川口です。
223日から38日までの2週間、弊社代表の山口、チーフヘアメイクの高木、ヘアメイクの堀米と一緒に、選抜メンバーの一人として
イギリスイタリアにいってきました。

 今回はローマコミックスでのワークショップで、ヘアメイクのデモストをすることが一番のミッションでしたが、他にも色々な場所で作品撮りをしたり、大学を回ったりと盛りだくさんの内容でした。

また、現地の方の御宅にホームパーティーに招かれたり、現地のモデルさんや関係者の方々に流行りのレストランやアイス屋さんなどを案内してもらったり、観光をしたり、初めてのイギリス・イタリアだったので、日本との文化の違いを体感でき、とても刺激的な海外出張でした。

 イギリスはシェイクスピアゆかりのストラトフォード・アポン・エイボン。ここも今年の秋、山口が個展とワークショップをする予定の所です。芸大のようなアーツカレッジ、シェイクスピアが通ったボーイズグラマースクール、イギリスでも5本の指に入る超エリート校のガールズグラマースクールで日本文化・美意識・思想を写真作品とヘアメイクで伝える予定。

ホールなどの会場の下見に同行しました。
 

空いている時間に作品撮りもしたのですが、ストラトフォードは絵本の中に出てきそうなかわいらしい町並みが印象的で、そこに雪がちらつき、幻想的な雰囲気がありました。とても美しい所でした。

1a
 イタリアではローマに行きました。
こちらも、山口が、サピエンツァ・ローマ大学にて「The Japonism」という日本の美意識と思想についての講演を行いました。私も見学をしていたのですが、学生達が熱心に聴いていたのが印象的でした。

その後、ローマ郊外のエウルにあるパラロットマティカに移動し、ローマコミックスでワークショップをしてきました。昨年ルッカコミックスに招待してくれた、パドヴァの日伊文化交流団体であるOchaCaffeと一緒に、メイクや着物と撮影のノウハウについて、山口と高木が講義し、私と堀米は白塗りの実演をしました。会場では山口がサインを求められたり、テレビ取材が入ったりと大盛況でした。

1b 作品撮りでは、特にモデルになって頂いたアンナさん、K-ble Jungleシルビオさん、エリコさんに大変お世話になりました。シルビオさんと、エリコさんは昨年の夏、彼等が日本に来た時にもメイクに入らせていただいたのですが、その時と同様に白塗りに般若のメイクをしました。しかもそのメイクでローマ市内を歩いて移動。ローマを奇抜なヘアメイクで、着物での移動のときは大変だったかと思いますが、非常に印象的な作品ができたと思います。私にはとてもいい経験になりました。
講演やワークショップ、作品撮りの合間にちょっとだけ観光もしてきました。
イタリアは古代ローマから現代までの歴史の積み重なりを感じる事ができる所がいたるところに見られました。噴水や石畳、建築と人の作り上げた文化が凝縮していて、こちらも非常に美しい所でした。

今回の海外出張は予めの計画通りに行かないものばかりでしたが、全てのミッションをやり遂げられ、多くの人たちに支えられていたことを実感できました。
ご協力頂いた皆様、本当にありがとうございました。
この経験をいかして、ヘアメイクをしていきたいと思います。

         スタジオ☆ディーバ  ヘアメイク 川口

|

2012年9月 3日 (月)

ERIKO・DJ SHIRU-イタリア文化との遭遇-

暑い日が続きますね。

 ディーバでは各種プロフィール・CM・ポスター撮影など、毎日多種多様な撮影をしています。

 先日は、はるばるイタリアからERIKOさんとDJ SHIRUさんが撮影に来てくれました。
2人は日本人とイタリア人のユニットで、オリジナル曲はもちろん、J-POPやアニソンを歌って、イタリアではとても人気があるシンガーです。今回は、秋にイタリアのルッカで行われる、パリのジャパンエキスポのイタリア版、「ルッカコミックス」で使うプロモーション用の撮影でした。

A1

 私は、DJ SHIRUのヘアメイクを担当させて頂きました。作品は目元に重点を置いたビジュアル系のメイクと、和化粧で、それぞれに、日本の伝統文化とサブカルチャーの漫画やアニメ等のイメージがおりまぜてあります。近々ギャラリーのブログにアップされると思います。全く違うので2つのヘアメイクについても是非注目して見てください。
 撮影は3日間、ディーバのスタジオと鴎外荘(森鴎外が「舞姫」を執筆したところです)、浅草といろいろな場所で撮影しました。テーマもJ-POP「KAWAII」から「地獄絵図」、衣装も着物からメイド服まで、様々なシチュエーションで普段のとは少し変わっていて楽しい撮影でした。

A2  
 ERIKOさんもDJ SHIRUさんもとても気さくで良い人で、それだけでなくSHIRUさんは日本語がとても上手でした。聞けば奥様が日本人だとか。ERIKOさんはまだ学生で、オペラを勉強するため留学中だそうです。お二人とイタリアと日本の文化、伝統、サブカルチャーについて色々と話ができてとても面白かったです。イタリアだけでなく、是非日本でも頑張って活動して、多くの人に認知されるといいなと思いました。

 実はこの「ルッカ・コミックス」にはディーバも招待されているんです。写真やメイクの作品を通して、日本文化を広められるよう、今準備を進めているところです。作品の展示はもちろん、着物や和化粧のワークショップも行う予定で、日本人の美意識や感性、その奥にある意味を理解してもらえるよう頑張ります。

A3

 
ブログでその内容もアップしていきますのでご期待下さい。

                                   スタジオ☆ディーバ:ヘアメイク Gucci

|